HOME > 施工事例 > ロープ式エレベーターリニューアル(日立製作所製)

ロープ式エレベーターリニューアル(日立製作所製)

設置から25年が経過し、日立製作所より主要部品の供給停止が発表されていたAマンション様(青梅市)の乗用ロープ式エレベーター(9名、600kg、1-6F・6停止)をリニューアル致しました。

 

リニューアルのきっかけ?

①設置から25年経過し、制御盤や巻上等の老朽化が進んでいた事

②製造元の日立製作所より主要部品の供給停止が発表されてしまった事

 

リニューアルにあたっての課題点

①「ご高齢の居住者様の事を考え、エレベーターの停止期間を少しでも短くしたい。

という事でしたので、使える部品は極力流用した制御盤・巻上機等の制御リニューアル工事をご提案いたしました。

 

リニューアル内容

①制御盤・巻上機・操作盤・ドアコントローラ・電材一式等を中心とした制御リニューアル工事

②耐震対策(地震時管制運転装置 P波の追加、制御盤等の転倒防止対策)

※流用箇所: レール・カゴ室・扉・三方枠・乗場敷居・カウンターウェイト等の鉄骨部材(耐久材)

 

工程について

部品製作のために測量調査行い、ご発注から4ヶ月後に着工致しました。

・7日間はエレベーターを24時間完全停止

 
旧:巻上機・モーター

旧:巻上機・モーター
新:巻上機・モーター

新:巻上機・モーター
旧:制御盤

旧:制御盤
新:制御盤

新:制御盤
旧:カゴ内操作盤 ※アナログ表示

旧:カゴ内操作盤 ※アナログ表示
新:カゴ内操作盤 ※デジタル表示化 凹凸のあるボタンを採用致しました。

新:カゴ内操作盤 ※デジタル表示化 凹凸のあるボタンを採用致しました。
旧:カゴ内印字ランプ ※アナログ表示

旧:カゴ内印字ランプ ※アナログ表示
新:操作盤一体型 デジタル表示化に伴いステンレスカバー設置

新:操作盤一体型 デジタル表示化に伴いステンレスカバー設置
旧:乗場操作盤 ※アナログ表示

旧:乗場操作盤 ※アナログ表示
新:乗場操作盤 ※デジタル表示化 凹凸のあるボタンを採用致しました。

新:乗場操作盤 ※デジタル表示化 凹凸のあるボタンを採用致しました。
旧:地震時間制運転(S波) 地震発生時に本震を感知し最寄階に停止し、ご利用者様の安全を確保致します。

旧:地震時間制運転(S波) 地震発生時に本震を感知し最寄階に停止し、ご利用者様の安全を確保致します。
新:地震時間制運転(S波・P波) 地震発生時に本震に加え初期微動を感知し最寄階に停止し、ご利用者様の安全を確保致します。

新:地震時間制運転(S波・P波) 地震発生時に本震に加え初期微動を感知し最寄階に停止し、ご利用者様の安全を確保致します。
耐震対策:巻上機架台ダブルナット *地震時に揺れにより架台が緩まぬようダブルナット締めを行いました。

耐震対策:巻上機架台ダブルナット *地震時に揺れにより架台が緩まぬようダブルナット締めを行いました。
耐震対策:制御盤転倒防止 *地震時に揺れにより制御盤が転倒しないよう制御盤と機械室天井をワイヤーにて固定致しました。

耐震対策:制御盤転倒防止 *地震時に揺れにより制御盤が転倒しないよう制御盤と機械室天井をワイヤーにて固定致しました。

弊社では、全メーカーのロープ式エレベーターに対応したリニューアル工事を行っています。エレベーターの状態やお客様のご要望に応じて、リニューアルプランを提案させて頂きます。ロープ式エレベーターのリニューアルについて疑問等ありましたら、お気軽に連絡下さい。

 

同じカテゴリーの記事