HOME > 施工事例 > 巻上機クラッチブレーキの部品交換作業

巻上機クラッチブレーキの部品交換作業

2018/05/01  | タグ:  | カテゴリー:メンテナンス

「伝達」の役割を果たす重要部品

エレベータは巻上機によってエレベーターカゴが巻き上げられます。モーターからクラッチを伝いモーターの回転が伝達される仕組みです。エレベーターが停止する際は、自転車やバイクなどに使われているディスクブレーキと同様のブレーキシステムを使用しています。これらの部品は消耗品パーツであり、定期点検毎にパッドの残量等をチェックしています。時に交換作業が発生致します。

 

 

メンテナンスからの部品交換作業

今回作業を行ったエレベーターは1996年式三菱社製の乗員4名300Kgのエレベータです。定期検査でのブレーキパッド摩耗状況の確認時に交換基準の数値に達していた為、交換作業を実施致しました。

作業体制は作業員3名での作業、作業時間はおよそ6時間程度の内容です。

 
こちらが巻上機クラッチブレーキシステムです。

こちらが巻上機クラッチブレーキシステムです。
交換する際に制御盤など移動したりと準備が必要です。

交換する際に制御盤など移動したりと準備が必要です。
パルス検出板の取り外しです。

パルス検出板の取り外しです。
モーターを取り外します。

モーターを取り外します。
ようやく交換対象のクラッチ部分がお目見えです。

ようやく交換対象のクラッチ部分がお目見えです。
ごっそりと外れます。

ごっそりと外れます。
右が新しいクラッチです。

右が新しいクラッチです。
この後は外した順の逆の作業になります。

この後は外した順の逆の作業になります。
全て元に戻し、動作チェックを完璧に致します。

全て元に戻し、動作チェックを完璧に致します。

コムテックでは様々な年代、様々なメーカーのエレベーター点検・部品交換作業等を行っています。安全に、安心にエレベーターが動き続けられるように目を光らせているのです。エレベーターについて何かご相談がございましたらお気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

同じカテゴリーの記事